×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パスモ記念日情報!

パスモ記念日

カテゴリー :パスモ 記念

2007年3月18日は記念すべきパスモのサービス開始日です。

パスモは以下の鉄道会社で利用が可能、または順次利用可能となります。
パスモサービス開始記念日は、会社によって違いますのでご注意ください。

★伊豆箱根鉄道
★千葉都市モノレール
★江ノ島電鉄
★東京急行電鉄
★小田急電鉄
★東京都交通局
★関東鉄道
★東京地下鉄
★京王電鉄
★東武鉄道
★京成電鉄
★東葉高速鉄道
★京浜急行電鉄
★箱根登山鉄道
★埼玉高速鉄道
★北総鉄道
★相模鉄道
★舞浜リゾートライン
★首都圏新都市鉄道
★ゆりかもめ
★新京成電鉄
★横浜高速鉄道
★西武鉄道
★横浜市交通局
★多摩都市モノレール
★横浜新都市交通

また以下のスイカ導入路線は、パスモと相互利用可能です。
スイカとパスモの記念すべきコラボですね。

★埼玉新都市交通
★東日本旅客鉄道
★東京モノレール
★東京臨海高速鉄道

バス路線については以下の路線で順次パスモを導入する予定です。
既に導入している会社と今後導入予定の会社がありますので、必ず確認してからパスモを利用してくださいね。

★伊豆箱根バス
★相模鉄道
★江ノ島電鉄
★相鉄バス
★江ノ電バス
★西武バス
★小田急バス
★西武自動車
★小田急シティバス
★西武観光バス
★神奈川中央交通
★立川バス
★湘南神奈交バス
★シティバス立川
★津久井神奈交バス
★千葉交通
★横浜神奈交バス
★東急バス
★相模神奈交バス
★東急トランセ
★藤沢神奈交バス
★東京都交通局
★川崎市交通局
★東武バスセントラル
★川崎鶴見臨港バス
★東武バスウエスト
★臨港グリーンバス
★東武バスイースト
★関東バス
★朝日自動車
★ケイビーバス
★茨城急行自動車
★京王電鉄バス
★国際十王交通
★京王バス東
★川越観光自動車
★京王バス中央
★西東京バス
★京王バス南
★多摩バス
★京王バス小金井
★箱根登山バス
★京成バス
★小田急箱根高速バス
★ちばシティバス
★日立自動車交通
★京成タウンバス
★富士急行
★ちばフラワーバス
★富士急湘南バス
★京成トランジットバス
★フジエクスプレス
★市川交通自動車
★富士急山梨バス
★ちばグリーンバス
★富士急平和観光
★千葉中央バス
★富士急シティバス
★千葉海浜バス
★富士急静岡バス
★千葉内陸バス
★船橋新京成バス
★東京ベイシティ交通
★習志野新京成バス
★ちばレインボーバス
★松戸新京成バス
★京浜急行バス
★平和交通
★羽田京急バス
★団地交通
★横浜京急バス
★山梨交通
★湘南京急バス
★横浜市交通局
★国際興業

★JRバス関東 スイカ路線 ⇒ パスモと相互利用可能

どの交通機関もパスモ導入を記念したサービスやイベントがあったりします。パスモ導入記念キャンペーンなどは期間限定で結構お得な内容なので、ご自分が利用している路線についてはマメにチェックしてください。

コラム > パスモ記念日について書かれています。

パスモの記念カードはプレミア?

カテゴリー :パスモ 記念

パスモとスイカの相互利用を記念したカードは、鉄道マニアにもカードマニアにも人気があり、あっという間に完売してしまいました。

記念カードと言えばパスモに限らず、ネットオークションなどでも様々な記念カードが取引されていますよね。

ヤフーのオークションなどを見てみると、意外にとんでもない値段がついたカードは少なく、プリペイドカードであればその金額に近い落札価格がほとんどです。
パスモの記念カードもいくつか出品されています。

野球のトレーディングカードも人気がありますが、たとえレア物でもそれほど高い価格はついていません。1枚で何千円とか何万円なんてカードもありそうですけどね。意外に見つからないものです。
80年代の野球カードが300枚以上で10000円とか、阪神タイガースまとめ売りで2000円とか、マニアにとっては集めやすいですが、資産価値としてはそれほどでもないようです。

子供達が集めているアニメのカードの方がレア物があるみたいですね。

以前は何らかの記念で作ったテレホンカードの中でも、NTTではなく電電公社時代のテレホンカードが高値で取引されていました。

パスモの記念カードはまたいつか販売されるのでしょうか。
マニアの方の買い方はめちゃくちゃ研究していて上手ですよ。

コラム > パスモの記念カードはプレミア?について書かれています。

パスモ(Pasmo)って何?

カテゴリー :パスモ pasmo

パスモpasmo」って何?

パスネットのパス・「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」をとってパスモと名付けたそうでです。

パスモの「モ」は、パスネットとバスが合体した「&」を表す助詞の役割も果たし、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという「モ」という意味もあるんですって。

『改札のご利用はタッチするだけでOK!』
『カードをくり返し使うから、環境にもやさしい。』
『バスもタッチするだけ』
『お財布代わりに使えて、お買い物も便利』

色々な特徴があって、利用する人が、利用しやすいように考えてくれていますね。

種類も定期式になっている記名式のものや、無記名で誰でも使えるもの、子供用など、利用方法によって区別できるのがいいですね。

それ以外にも、Pasmoは電子マネーとしても利用できるんです。
Pasmoにチャージされた金額を鉄道やバスでのご利用以外に、お店や自動販売機でにお買い物に利用することができるんです。
専用の端末機会にPasmoをあてると、ピピッと音がして、支払い完了!
これは急いでいるときには本当に便利ですよね。
利用できるお店には、パスモマークが表示されているので確認してからご利用くださいね!

コラム > パスモ(Pasmo)って何?について書かれています。